雪だるま式の借金 自己破産

自分の借金がどれだけ軽減されるか、とりあえず無料で診断でシミュレート

雪だるま式に増えた借金で自己破産

 

雪だるま式の借金ってよう聞く話やけど、実際いつの間にか手におえんほど膨れ上がるもんや。

 

借金苦に終われ、働いても働いても元金が減らへん現実・・・・

 

シンドイで。

 

自分の非から出てることやからホンマはしょうがないんやけど、そんな過ちをチャラにできるのが自己破産でもあるんや。

 

有難い世の中やなぁ。まったく。

 

 

【注意】あ、そうそう、わしインタビューの時は空気読んで関西弁ちゃうから、そこ突っ込まんようにな!

オシャレに命懸けてました

 

本日は40代前半の三井洋子(仮名)さんに自己破産についてお話を伺います。

 

三井さん、よろしくお願いします。

 


 

 

よろしくお願いします。


 

 

 

初めてクレジットカードを作ったのは18歳の時だそうですね。

 

高校卒業後、フリーターしながら1人暮らしする中で、お金が足りなくなったそうで。

 

 

 

 

 

 

オシャレが好きで洋服にお金をかけていました。

 

でもバイト代は家賃や生活費に消えてしまうので、洋服をカードで買う為に作ったんです。

 

未成年でしたが、友達がライフカードなら作りやすいと教えてくれました。

 

その通り保証人や親の承諾がいらず、会社名や年収を聞かれただけで簡単に手続き出来ました。

 

ショッピングの限度額は10万、金利は30%以上で毎月の返済は5000円です。

 

初めはショッピング枠しかありませんでしたが、そのうちキャッシング枠を付けられると案内が来たので申し込みました。

 

半年後、また買い物の為にJCBカードを作りました。

 

ショッピング枠は同じ10万で、金利は27%です。

 

こちらは最初から20万のキャッシング枠が付いていて、約30%の金利でした。

 

 

 

おめでた婚で節約主婦に

 

 

三井さんはその後、20代前半で結婚。

 

すぐにお子さんが生まれ、節約生活に突入したそうです。

 

 

 

 

 

 

もう洋服にお金をかけるのはやめましたが、おめでた婚だったので生活自体が苦しかったです。

 

ライフカードやJCBの返済も月2万残っていましたし。

 

旦那もまだ若くて給料が少ないし、私は年子で2人産んだのでなかなか働けず、カツカツでした。

 

安い物を求めて近所のスーパーをハシゴする日々でしたが、どのスーパーもクレジット機能付きのポイントカードを発行していました。

 

現金用のポイントカードより還元率が高いので、セゾンカード、アイワイカード、OMCカード、イオンカードを作りました。

 

それでスーパーでの買い物はクレジット払いする様になりました。

 

全部10万のキャッシング枠が付いていたので、返済などで現金が必要な時に下ろす事もありました。

 

金利はショッピングもキャッシングも約30%でした。

 

返済が6社になり、キャッシングをフルに使って借りては返すの自転車操業をしていました。

 

でも、どれも限度額が少ないのであっという間に足りなくなって…。

 

信販会社2つと銀行のカードローンも使いました。

 

 

 

シングルマザー、再婚、そして自己破産

 

 

その後、20代半ばで離婚してシングルマザーになったそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

お金の事でケンカが増え、修復不可能になって別れたんです。

 

2人の子供を引き取り、市営住宅に住み始めました。

 

子供達を保育園に入れて働き始めたのですが、なかなか良い仕事が見つからず、月収は10万足らずでした。

 

母子家庭なので手当てが出たり、税金の免除や年金の猶予はありましたが、それでもキツかったです。

 

返済や生活費の為のキャッシングをやめられませんでした。

 

 

 

 

30歳の時に再婚され、新たにお子さんが2人産まれたそうですね。

 

その再婚が自己破産のきっかけになったとか?

 

 

 

 

 

 

2人目の旦那は家事や育児に協力的で、1回目の結婚より遥かに幸せです。

 

それでも子供が増えた分お金もかかるので、生活が苦しいのは同じで…。

 

再婚後も5年以上借金生活を続け、月の返済は10万近くありました。

 

せっかく手に入れた幸せをまた壊したくないと、債務整理に踏み切ったんです。

 

市役所で借金に関する法律相談が出来たので、そこに出向いて弁護士さんを紹介してもらいました。

 

最初に必要だったのは、クレジットカード、支払いに使っている口座の通帳、カードを作った時の書類です。

 

書類を捨ててしまっていたカード会社については、弁護士さんが直接問い合わせて契約内容を調べてくれました。

 

借金総額が350万以上な事が分かり、弁護士さんに債務整理より自己破産をすべきだと勧められました。

 

自己破産を決めた後は、私と旦那の収入を証明する書類や児童手当ての書類が必要でした

 

 

 

 

決着がつくまで1年かかったそうですが、感想はいかがですか?

 

 

 

 

 

 

 

もっと早くやれば良かったです。

 

貯金も無いし家も賃貸なので、自己破産しても何も失くなりませんでしたから(笑)

 

不便なのはカードが使えない事ぐらいですが、2度と借金しない為にかえって良かったです。

 

それに弁護士さんに借金整理を依頼すると返済がストップするので、そこで返済に追われる日々を抜け出せてホッとしました。

 

弁護士費用が10万かかりましたが、分割出来るし350万に比べたら安いもんです。

 

私はキャッシングよりショッピングの利用の方が多く、ショッピングだと過払い請求は出来ないのでやめました。

 

 

 

 

 

 

三井さんの場合、借り入れより買い物に使う方が多かったり、消費者金融を使わなかったのがドロ沼にハマらずに済んだ理由かもしれませんね。

 

ただ、クレジットカードでも借金には代わりないので、使う前にはきちんと計画を立てないといけません。

 

三井さんは自己破産で幸せを手に入れましたが、自己破産は債権者に迷惑をかける行為です。

 

その事を忘れず、今後はお金の管理をしっかりして行って下さい。

 

本日はありがとうございました

 

 

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

自己破産すると気分がホントに楽になるって皆言うてるな。

 

自己破産するなんて、何かこそこそ隠し事したいような薄暗い気持ちになるもんや。

 

当たり前や。そこはちゃんとすみませんって気持ちをもって自己破産せんとあかんわ。人間として借りたもんを踏み倒してるわけやからな。

 

でもな、それがちゃんと国によって認められるのも事実や。

 

自分の物欲に負けて借金したとしても保護されるわけや。

 

あんまりにもシンドイ思いするんやったら自己破産するのもアリやで。






自分の借金がどれだけ軽減されるか、とりあえず無料で診断でシミュレート